So-net無料ブログ作成

プロ野球 オールスター速報 第一戦

本日「2013年7月19日」のプロ野球は札幌ドームで

「マツダオールスターゲーム 2013」第一戦が開催されました。


全パは田中将大投手、全セは前田健太投手の先発で始まりました。

田中将大投手は中1日の登板になるのでファンの方が期待するような

投球は出来ないと言っていましたが、2回を6人(2三振)でしっかり抑えました。

さすが現在敵なしの田中将大投手ですね。

一方前田健太投手は1回裏に全パ2番の松田宣浩選手に3塁打、

続く3番の糸井嘉男選手にヒットを打たれ2回1失点でした。


続く3回、全パは吉川光夫投手、全セは沢村拓一投手が登板しました。

お互い気迫のピッチングで両チームとも得点を挙げることができません。


5回になると全パは大谷翔平投手が登板しました。

大谷翔平投手は最速の157キロを記録しますが2安打されます。

しかし最後は広瀬純選手をフライに仕留めて抑えました。

一方全セは沢村拓一投手が5回も継続して登板しました。


6回表には全パは菊池雄星投手が登板します。

大谷翔平投手は投手からそのままレフトにコンバートしました。

6回裏には全セは三浦大輔投手が登板します。

三浦大輔投手は2人目の中田翔選手に(速度)計測不能の

超スローカーブを投げます。

この球を中田翔選手はフルスイングしますが空振りします。

しかし最後は中田翔選手は技ありのヒットを放ちました。

そしてこの回、2アウト1塁の場面で大谷翔平外野手がバッターボックスに立ちます。

三浦大輔投手はストレートでグイグイ押して1ボール2ストライクと追い込むと

最後は技ありの超スローカーブでピッチャーゴロに抑えました。


7回表、全パは矢貫俊之投手が登板します。

先頭のブランコ選手が四球で出塁すると、代走の大島洋平選手が盗塁に成功し、

ノーアウト2塁の場面で中村紀洋選手がヒットを放ち1-1の同点にします。

7回裏も三浦大輔投手が続いて登板します。

相変わらず効果的に超スローカーブを駆使してこの回も0点に抑えました。


8回表、全パは増井浩俊投手が登板します。

増井浩俊投手は西岡剛選手・坂本勇人選手・マートン選手を

きっちり3人で抑えます。

8回裏、全セは早くも岩瀬仁紀投手が登板しました。

岩瀬仁紀投手も長谷川勇也選手・松田宣浩選手・糸井嘉男選手を

きっちり3人で抑えます。


いよいよ最終回(9回)です。  *オールスターは延長がありません。


9回表、全パは平野佳寿投手が登板します。

平野佳寿投手も宮本慎也選手・大島洋平選手・新井貴浩選手を

きっちり3人で抑えます。

これで全パの負けはなくなりました。

そして最後の9回裏、全セは西村健太朗投手が登板しました。

西村健太朗投手は先頭の中田翔選手を1球で仕留めると

続く今江敏晃選手をフライで仕留めます。

最後は大谷翔平選手をセンターフライに仕留めてゲームセット

「マツダオールスターゲーム 2013」第一戦は、1-1の引き分けで終わりました。


・マツダオールスターゲーム 2013 試合結果(7月19日 第一戦)

 全セリーグ 1 - 1 全パリーグ


非常に白熱した試合でしたね。


第一戦のMVPは3回~6回の3イニングを投げた沢村拓一投手が受賞しました。

これといって際立って目立った(活躍した)選手がいませんでしたので、

失礼ですが、何ともいえない受賞でしたね。

(沢村拓一投手がノーヒットで抑えていたら文句なしの受賞でしょうが、

 2安打されましたからね)


2013-07-19 | 共通テーマ:スポーツ | nice!(0) | 編集

nice! 0

Copyright © 野球 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。