So-net無料ブログ作成

プロ野球 オールスター速報 第ニ戦

本日「2013年7月20日」のプロ野球は神宮球場で

「マツダオールスターゲーム 2013」第ニ戦が開催されました。


全セは菅野智之投手、全パは牧田和久投手の先発で始まりました。

1回の表、全パの攻撃では1番大谷翔平選手がいきなり2塁打を放ちます。

大谷翔平選手得意?の2塁打ですね。

続く2番長谷川勇也選手がヒットを放ちノーアウト1・3塁とチャンスを広げると

3番内川聖一選手の内野ゴロの間に全パは先制点をあげます。

1回の裏、全セの攻撃ではこちらも1番坂本勇人選手が2塁打を放ち得点のチャンスを作りますが、

後続が倒れて0点に抑えられます。


2回の表、全パの攻撃は菅野智之投手がきっちり3人で仕留めます。

流れが少し変わったのかその裏、全セの攻撃では4番ブランコ選手が四球で出塁すると

5番新井貴浩選手が2塁打を放ち、更に6番宮本慎也選手もヒットを放って

1-1の同点とします。

しかし更にノーアウト1・3塁と追加点のチャンスでしたが

後続が倒れて追加点は取れませんでした。


3回表の全パの攻撃には小川泰弘投手が登板します。

鈴木大地選手に2塁打を打たますが、0点で抑えます。

3回裏の全セの攻撃ではマートン選手、ブランコ選手、新井貴浩選手のヒットで

全セは1点を追加して1-2とリードします。


4回表は全パの攻撃を小川泰弘投手がきっちり3人で抑えます。

4回裏には千賀滉大投手が登板します。

千賀滉大投手は坂本勇人選手(ヒット)、鳥谷敬(四球)で出塁を許すも0点に抑えます。


5回表には石山泰稚選手が登板します。

今江敏晃選手、伊藤光選手が連続ヒットを放ちノーアウト1・2塁とされますが

後続をしっかり絞めます。

5回表は千賀滉大投手が2イニング目の登板をします。

千賀滉大投手は4番バレンティン選手、5番ブランコ選手、

6番新井貴浩選手を圧巻の3者連続三振で仕留めます。


6回表には藤浪晋太郎投手が登板します。(登板時の歓声が、一際大きかったですね)

先頭の長谷川勇也選手にヒットを打たれますが後続をしっかり絞めて0点に抑えます。

6回裏では、青山浩二投手が登板します。

全セは大島洋平選手の四球、坂本勇人選手のヒットで1点を追加して1-3とリードを広げます。

坂本勇人選手は本日3安打の活躍です。


7回表も藤浪晋太郎投手が6回に続いて登板します。

代打井口資仁選手にバットを折られながらヒットを許しますが4人で抑えて0点に抑えました。

7回裏には佐藤達也投手が登板します。

西岡剛選手(四球)新井貴浩選手(ヒット)に出塁されるも0点に抑えます。

新井貴浩選手もこれで本日3安打の活躍です。


8回表には山口鉄也投手が登板します。

長谷川勇也選手に2塁打を打たれますが、0点に抑えます。

長谷川勇也選手も本日3安打の猛打賞です。

8回裏は佐藤達也投手が続いて登板します。

この回は3人できっちり抑えました。


最終回の9回表には山本哲哉投手が登板します。

山本哲哉投手は3人できっちり絞めてゲームセット。

「マツダオールスターゲーム 2013」第ニ戦は全セが全パに3-1で勝利しました。


・マツダオールスターゲーム 2013 試合結果(7月20日 第ニ戦)

 全パリーグ 1 - 3 全セリーグ


MVPは3安打を放った新井貴浩選手が受賞しました。


「マツダオールスターゲーム 2013」第三戦(最終戦)は、

明後日の7月22日(月)にいわきグリーンスタジアムで開催されます。


2013-07-20 | 共通テーマ:スポーツ | nice!(0) | 編集

nice! 0

Copyright © 野球 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。