So-net無料ブログ作成

プロ野球 オールスター速報 第三戦

本日「2013年7月22日」のプロ野球はいわきグリーンスタジアムで

「マツダオールスターゲーム 2013」第三戦(最終戦)が開催されました。


全パは木佐貫洋投手、全セは能見篤史投手の先発で始まりました。


1回の表、全セの攻撃を木佐貫洋投手は3人できっちり抑えます。

1回の裏、全パの攻撃はエラーとヒットで2アウト1・2塁とするも

能見篤史投手が0点で抑えます。


2回の攻撃では全セ・全パ共に1ヒットを放つも無得点で終了します。


3回の表、全セの攻撃では西野勇士投手が登板します。

2ヒットで2アウト1・3塁とするも後続を抑えて前セはこの回も無得点です。

3回の裏、全パの攻撃では大竹寛投手が登板します。

大竹寛投手はこの回3人できっちり抑えます。


4回の表は3回表に続いて西野勇士投手が登板します。

西野勇士投手はこの回3人できっちり抑えます。

4回の裏はこちらも3回裏に続いて大竹寛投手が登板します。

大竹寛投手は3回に続いて4回も3人できっちり抑えます。


それにしても全セ・全パ共に得点を上げることができません。


5回の表、全セの攻撃では岩崎翔投手が登板します。

この回試合が少し動きました。丸佳浩選手がフェンス直撃の2塁打を放つと

悪送球などで先制点をあげました。

5回の裏は3回裏・4回裏に続いて大竹寛投手が登板します。

大竹寛投手は先頭打者の浅村栄斗選手にヒットを打たれますが

後続をしっかり打ち取り0点に抑えました。


6回の表は5回表に続いて岩崎翔投手が登板します。

岩崎翔投手は新井貴浩選手に2塁打を打たれるも6回も0点に抑えます。

6回の裏、全パの攻撃では三嶋一輝投手が登板します。

三嶋一輝投手はこの回3人できっちり抑えます。

しかし今回のオールスターは今のところホームランが1本も出ていません。

投手戦もいいですが、ホームランが全く出ないのも寂しいですね。


さあ7回の表、全セの攻撃では矢貫俊之投手が登板します。

矢貫俊之投手もこの回を3人できっちり抑えます。

7回の裏は6回裏に続いて大竹寛投手が登板します。

先頭打者のジョーンズ選手がヒットを放つと浅村栄斗選手もヒットを放ち

1アウト1・2塁とチャンスを作りますが後続が倒れてこの回も0点で終わります。


8回の表、全セの攻撃では益田直也投手が登板します。

寺内崇幸選手(ヒット)と阿部慎之助選手(エラー)が出塁して

2アウト2・3塁としますが後続を打ちとって8回表も0点です。

8回の裏、全パの攻撃では山本哲哉投手が登板します。

先頭打者の陽岱鋼選手が2塁打を放ち同点のチャンスを作ります。

次の打者の今江敏晃選手のライトフライで陽岱鋼選手が3塁に進むと

大谷翔平選手がヒットを放ち1-1の同点にします。

更に中田翔選手がヒットを放ち1アウト1・2塁とすると

続く内川聖一選手が2塁打を放ち1-3と全パがリードしました。

この後松田宣浩選手をレフトフライに打ち取り2アウトになると

全セは西村健太朗投手を投入します。

「マツダオールスターゲーム 2013」で初めて回の途中で投手が変わりましたね。

西村健太朗投手は期待に応えて浅村栄斗選手を内野ゴロに抑えます。


9回の表、全セ最後の攻撃では青山浩二投手が登板します。

全セの攻撃では先頭の長野久義選手がヒットを放ちますが

最後は代打の中村紀洋選手がピッチャー返しを打って

これがダブルプレーとなりゲームセット。

第三戦目は全パが1-3で勝利しました。


・マツダオールスターゲーム 2013 試合結果(7月22日 第三戦)

 全セリーグ 1 - 3 全パリーグ


第三戦のMVPは8回裏に2点タイムリーを放った内川聖一選手が受賞しました。


「マツダオールスターゲーム 2013」は五分(1勝1敗1分)で終わりました。

残念ながら?今年のオールスターはホームランが1本も出ませんでしたね。

これは実に60年ぶりの珍事との事です。


2013-07-22 | 共通テーマ:スポーツ | nice!(0) | 編集

nice! 0

Copyright © 野球 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。